ローン 「信用情報の裏話」 住宅ローン攻略
住宅ローンの審査に最も影響する 信用情報の裏話 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり信金レベルでは何もわかっていない。

住宅ローンを手がけていていつも思うのは、その行員のレベル。
当然、銀行もノルマがあるわけで、できるだけ審査を通したいとは考えています。
しかし、通したいと思う気持ち以上に融資担当者のレベルが求められます。

やはり、都市銀行ともなると若い行員であってもそこそこの知識は持っています。
はっきり言って「優秀」です。
ですので、その対処法、解決法などをうまく聞き出すことさえできれば
住宅ローンはとっても簡単なものです。
しかし、住宅ローンに慣れていない人や、解決能力のない営業マンは共通して
「言えない事」「言ってはいけないこと」を行員から聞き出そうとして失敗しています。
例えば、否決、減額になったお客様について
「何故ですか?」「何か問題があったのですか?」
などは最たる例でしょうか。
返済比率は当然計算しているものとして
他に考えられるのは
・信用情報等の問題
・担保の問題
この2つにほぼ集約されます。
実際には、勤務先等の属性部分も密接に絡んでくる為、
いろいろと情報をl聞き出しながら進めていくことになるのですが、ここでは省略します。
ですので、
「担保的には御行の評価ではいかがでしたか」と入るのが普通です。
もちろん、担保評価なんて、ローンを提出する前に少しばかり考えればわかること。
あとは、掛け目の問題。
しかし、ほとんどこの掛け目は超えていても、
いわゆる「ブレ」の範囲さえ聞きだしていれば
わざわざ行員に聞かなくともわかるのですが、
まずは、ここからはじめることで会話が進展し、うまく聞きだせるケースがほとんどです。

これを、いきなり「信用情報になにか問題があるのでしょうか」
と聞くと話しは全く進展しなくなります。
銀行もこの担保の質問には答えることができます。
これで、問題がないという事になれば、あとは信用情報の影響だとなります。
そこからが攻略法の出番です。
しかし、これが信用金庫レベルになると、
その行員自信がまったく住宅ローンに精通していないということが見受けられます。
本当に機械的にしかさばけなくて、もう保証会社にマル投げしている感じです。
こういうレベルの低い融資担当者に共通しているのは
何度も何度も電話して聞いてくることです。
上司や保証会社から
「あれを聞け」「これを聞いてくれ」といわれているのでしょう。
おおよそ、自分自身に審査する能力がないのです。
つづく。

ブログランキングに参加しています。「続きが読みたい」という方はポッチと一押しお願いします。
     

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

お役立ち情報集 Good 5

とっても役立つ
不動産関係情報満載! 
コチラをクリック

お役立ち情報はここから ↑

プロフィール

住宅ローン攻略マニュアル 筆者

Author:住宅ローン攻略マニュアル 筆者
金融機関と不動産に携わって20年
信用情報や住宅ローンの裏話や秘話をお伝えします。

筆者のベストセラー
「住宅ローン攻略マニュアル」も是非ご覧ください。

住宅ローンの必勝バイブル

このブログの筆者の著書

過去の記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。