ローン 「信用情報の裏話」 住宅ローン攻略
住宅ローンの審査に最も影響する 信用情報の裏話 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・面接で信用情報取得

この信用情報は面接時の採否にも利用されていました。
当事は常識的に行われていました。
金融機関に勤務する者に借金があると、
会社のお金やお客様のお金に手を付ける可能性が高い、ということでしょうか。
面接で履歴書を持参すると、すぐに信用情報を照会
サラ金からの借り入れが1件でもあると 人事不採用。
しかし、これを逆手に取るつわものが出てきました。
40代の女性です。
何食わぬ顔で面接にやってきましたが
サラ金数社からの借金があり「不採用」の通知を数日後に。
すると、その足で 信用情報センターに出向き、自分の信用情報を開示。
当然、面接に行った会社からの信用情報の照会履歴が記録されています。
そこで、
「私は、職を求めて面接に行っているの何故信用照会を照会しているのか!お金を借りに行ったわけではない!どうなっていますか?」
当然、信用照会はお金を貸す(与信)際の判断材料にのみ利用するものであって
人事の採用、不採用に利用する事は禁じられています。
この女性は、はじめから金をゆすり取る目的できていました。
不採用になる事ははじめから折込済みです。
会社も、してはいけないことをしているわけで、これが情報センターに発覚すると、信用情報を取得できなくなってしまいます。
金融業者にとっては死活問題です。
結局1000万円近いお金を脅し取られた上に、情報取得をを1ヶ月近く停止させられました。
もちろん、その間は新規のお客様には貸し出しをすることはできませんでした。
どれぐらいの借入金があるのか?、ブラックはないのか?
全く分からない状況ではお金を貸す事はできないのですから・・・。


ブログランキングに参加しています。ご参考になればポッチと一押しお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

お役立ち情報集 Good 5

とっても役立つ
不動産関係情報満載! 
コチラをクリック

お役立ち情報はここから ↑

プロフィール

住宅ローン攻略マニュアル 筆者

Author:住宅ローン攻略マニュアル 筆者
金融機関と不動産に携わって20年
信用情報や住宅ローンの裏話や秘話をお伝えします。

筆者のベストセラー
「住宅ローン攻略マニュアル」も是非ご覧ください。

住宅ローンの必勝バイブル

このブログの筆者の著書

過去の記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。