ローン 「信用情報の裏話」 住宅ローン攻略
住宅ローンの審査に最も影響する 信用情報の裏話 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・信用情報が勝手に取得される! 住宅ローン審査

各信用情報会社の収益源は 会員が信用情報を取得する際に支払う費用です。
銀行や信販会社など、それぞれが加盟信用情報機関へ 個人の信用情報を取得した際には当然課金されます。
1件当たり、いくら、と言うように。
また、加盟会員がお客様を登録した場合は、
逆に信用情報機関から加盟会員に登録料が支払われます。
照会量の数分の一程度の微々たる金額ですが・・・。
この問題が発覚したケースでは
その下請け?をしていた消費者金融会社の照会件数と登録件数が著しく乖離していたことにより発覚しました。
普通、加盟会員は、
①新規申し込みのお客様の信用情報の照会や、
②現在取引残高のあるお客様の状況を確認するための照会
を日常的に行っていますが、
例えば、新規のお客様の申し込みの照会があれば、
普通は、そのうちの何人かは審査に合格して新規の融資を実行します。
したがって、新規融資客の信用情報の登録があります。
しかし、この問題となった会社の場合、
あくまで、銀行のお客様の信用情報を依頼されて取得しているため、
何百件、何千件、はたまた何万件と信用情報を照会、取得しても、
実際、自社のお客様の与信判断の為に利用しているわけでは無いので、
当然、「融資しましたよー」という登録が「0件」になる訳です。
この異常事態が信用情報機関によって発覚し、大変な騒ぎとなりました。
いまでも、一部、この不正が行われているといううわさが絶えません。
消費者金融会社も、大手はほとんどが銀行と資本提携し、その傘下に収まってしまいました。
親会社の銀行が、お客様に内緒で、不正に子会社である消費者金融会社を通じて
消費者金融からの借り入れ情報を取得しているというものです。
また、直接の信用情報機関からの情報取得でなくても、
会社内部の情報の漏洩、とう事実も噂されています。
プライバシーポリシーは本当に守られているのか!
恐ろしい時代です。

ブログランキングに参加しています。ご参考になればポッチと一押しお願いします。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

お役立ち情報集 Good 5

とっても役立つ
不動産関係情報満載! 
コチラをクリック

お役立ち情報はここから ↑

プロフィール

住宅ローン攻略マニュアル 筆者

Author:住宅ローン攻略マニュアル 筆者
金融機関と不動産に携わって20年
信用情報や住宅ローンの裏話や秘話をお伝えします。

筆者のベストセラー
「住宅ローン攻略マニュアル」も是非ご覧ください。

住宅ローンの必勝バイブル

このブログの筆者の著書

過去の記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。