ローン 「信用情報の裏話」 住宅ローン攻略
住宅ローンの審査に最も影響する 信用情報の裏話 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信用情報の氾濫

ある方からご質問をいただきました。
「私が自己破産をしたせいで、息子の住宅ローン通らなかった」
というものでした。

本人の場合は、信用情報そのものに登録されているのは当然です。

親子、夫婦など親族の場合は信用情報の共有がなされることはありません。
なので金融機関が取得した借入申込人である息子の信用情報に親の信用情報が付帯されていることなどありえないのです。

しかし、稀にいくつかの条件が重なると発覚してしまうのです。

また、ある業者様から
「お客様の借入先が全部ばれた、それも○○クレジット○○円、○○カード○○円など、全て指摘された」
というものでした。

本来このような回答がなされること自体は違法です。
住宅ローンを申込んで、その申込んだ金融機関の者が第三者である不動産会社の営業に、
こんな個人のプライバシーの詳細を話したとなると大問題です。

この事実が証明されれば、その金融機関は信用情報機関から間違いなく情報提供を停止されるなどペナルティーを科されることは間違いありません。

しかし、現場ではしばしば行われているのが実情。
業者にとってはこのように具体的に教えてくれる金融機関の人間はのどから手が出るほどほしい人材。
不動産業者にとっては、「何故否決になったのか、どうすれば通るのか?」が一番知りたいことであり
その為にも、このような「何でもあり」の担当者をもつことと、
このような担当者との付き合いを作り出すことは命題でもあるからです。

私は、金融機関の方から取得した信用情報そのものも見せていただいたこともあります。
ですから、お客様個人が開示する信用情報と何がどう違うのかも当然に熟知しています。

この個人の借入が全て社名までもが全て発覚した「」というのは正確に言うと誤りです。
これも、発覚したことは稀なケースです。

では、何故発覚したのか?
このようなイレギュラーケースまで知る必要はないのかも知れませんが、
住宅ローンのプロとしては是非詳細まで知っておいてほしいものです。
きちんとした知識がないと
こういう事実を突きつけられたとき
「親族の信用情報もバレル」
「借入は全てバレル」
という誤った情報が流れるのでしょか・・・。


次回は、「所得証明の偽装が発覚、取引停止に追い込まれた不動産業社」


ブログランキングに参加しています。
「それを知りたい」  と思った方はポッチと一押しお願いします。

     



住宅ローン攻略マニュアルもよろしくお願いします。
http://roan7.com/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

お役立ち情報集 Good 5

とっても役立つ
不動産関係情報満載! 
コチラをクリック

お役立ち情報はここから ↑

プロフィール

住宅ローン攻略マニュアル 筆者

Author:住宅ローン攻略マニュアル 筆者
金融機関と不動産に携わって20年
信用情報や住宅ローンの裏話や秘話をお伝えします。

筆者のベストセラー
「住宅ローン攻略マニュアル」も是非ご覧ください。

住宅ローンの必勝バイブル

このブログの筆者の著書

過去の記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。