ローン 「信用情報の裏話」 住宅ローン攻略
住宅ローンの審査に最も影響する 信用情報の裏話 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラット35の謎

何かと便利な住宅金融支援機構のフラット35。
利用の方法を知れば民間では通らないようなローンもOK。
ご存知のように、このフラットには「保証型」と「買取型」があります。
保証型とは従来の民間金融機関の保証会社と同じように
金融機関が提供する住宅ローンについてお客様が返済できなくなった場合に、
金融機関に対して住宅金融支援機構が保険金(ローンの残高)を支払います。
取り扱い金融機関は4つしかありません。
ほとんどが買取型となっています。
買取型とは住宅金融支援機構はが、金融機関からお客様が融資金をお受け取りになった後、
金融機関からお客様の住宅ローンを買い取り、買い取った住宅ローンを担保とする債券を発行し、
市場(投資家)から資金を調達します。
いずれも、住宅金融支援機構の審査があり、保証するか買い取るか、いずれにしても住宅金融支援機構の審査基準があるわけです。

逆に言えば、この住宅金融支援機構の審査基準に合致していれば、買取、又は保証をしてくれるわけですので、どこの取り扱い窓口から申し込んでも、その審査基準は変わらないはずです。
しかし、実際は違います。
受付窓口である民間金融機関等に独自の審査基準が存在します。
ここの理由がよくわかりません。
仮に、住宅ローンを借り入れしたお客様がそのローンを支払えなくなって破綻しても、その窓口金融機関には焦げ付くリスクはないのですから・・・。
住宅金融支援機構の審査基準に合致していれば、何でもよいのではないかと思うのです。
民間の保証会社や都市銀行傘下の保証会社ですと、債権の○○%は融資した金融機関が負担する等のリスクがありますし、事業資金などではオリ○○スの保証は債権全体の○○%が代位弁済されると残りの債権は保証がなくなるなど、様々な保証条件があり、金融機関がリスク管理のために独自の審査基準を設けることは当然だと思うのですが・・・。
しいて言えば、フラットの場合、債権そのもののリスクはないが、代位弁済もしくは競売開始までの間の債権管理が条件となっていること、その煩わしさと手間を考えてのことなのかもしれません。
したがって、このフラットも持ち込む銀行を選別する必要があると言えます。
そして、これまで書かせていただいたように、担当者にも留意して攻略する必要があります。
「無理ですね」といわれても通る案件はゴロゴロあるのです。


ブログランキングに参加しています。
「へーそうだったのか!」  と思った方はポッチと一押しお願いします。

     


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

住宅ローン

住宅ローン審査の消費者金融利用暦について住宅ローン審査の消費者金融利用暦について住宅ローン審査を申込したいのですが過去の消費者金融... 破産の前に・・・【2009/05/08 22:43】

お役立ち情報集 Good 5

とっても役立つ
不動産関係情報満載! 
コチラをクリック

お役立ち情報はここから ↑

プロフィール

住宅ローン攻略マニュアル 筆者

Author:住宅ローン攻略マニュアル 筆者
金融機関と不動産に携わって20年
信用情報や住宅ローンの裏話や秘話をお伝えします。

筆者のベストセラー
「住宅ローン攻略マニュアル」も是非ご覧ください。

住宅ローンの必勝バイブル

このブログの筆者の著書

過去の記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。