ローン 「信用情報の裏話」 住宅ローン攻略
住宅ローンの審査に最も影響する 信用情報の裏話 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラット(住宅金融支援機構)も審査が厳しくなってきた?その2

フラットの「借入金額」に関しては以前から不動産業者の間でも
「よくわからない」
という方が多いんですね。
何がわからないかというと、「減額回答」。
銀行などの金融機関の場合、3000万円の融資申し込みに対して
「2800万ならOK」
というような減額での回答はよくあります。
年収や既存の借入金額から算出した結果なのですが、このあたりは事前に回避することも可能であり、減額を視野に入れての申し込みも多々あることでしょう。
しかしフラットの場合、
申請窓口の金融機関の窓口にヒアリングしても

「減額回答あり」
「減額回答はありません。承認か否決、どちらかです」

とまったく正反対の回答が・・・。
実際、私にも真偽のほどはわかりません。
そのため、335社もある窓口選びも慎重にならざるを得ず、
できる限りのリスク排除、という消去法にならざるを得ない部分もあります。
傾向としてはネット系と金融機関系に2分しているように思えますが・・・。

とはいえ、最近目立つのが、経験や知識不足の不動産営業マンによって
「再起不能」
にされたお客様も続出していることだけは確かです。
銀行や信金などは審査が否決になっても「次」がありますが、フラットの場合はよほどのことがない限り「次」はありません。
ですので私の場合は、フラットに審査を出す場合は
攻略法を駆使して「必ず通る」という状態に限りなく近づけてから提出するようにしています。
一発目からフラットに提出することはまずありえません。
何だかんだと言ってもやっぱり最後は「フラット頼み」的なところもあるからです。
本当にお客様のローンを通したいのなら一発目からフラットなんてことはないと思うのですが・・・。
多いんですねえ…最近これが!

長らくブログの更新ができていませんでしたが
「簡単にブラック情報が消えた」
「年収の水増しが発覚!」
次はこれを書いてみたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
「へぇー」  と思った方はポッチと一押しお願いします。

     



住宅ローン攻略マニュアルもよろしくお願いします。
http://roan7.com/
スポンサーサイト

お役立ち情報集 Good 5

とっても役立つ
不動産関係情報満載! 
コチラをクリック

お役立ち情報はここから ↑

プロフィール

住宅ローン攻略マニュアル 筆者

Author:住宅ローン攻略マニュアル 筆者
金融機関と不動産に携わって20年
信用情報や住宅ローンの裏話や秘話をお伝えします。

筆者のベストセラー
「住宅ローン攻略マニュアル」も是非ご覧ください。

住宅ローンの必勝バイブル

このブログの筆者の著書

過去の記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。