ローン 「信用情報の裏話」 住宅ローン攻略
住宅ローンの審査に最も影響する 信用情報の裏話 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる気の無い営業マン?

先日、マニュアルをご覧になったお客様からご相談がありました。
「ローンが通らない」 というものですが
理由がわからないとのことでした。
すでに都市銀行と地方銀行の2行で否決。
ゆうちょ銀行に提出する寸前。
不動産業者は某大手フランチャイズの加盟店。
担当営業者も「おかしなー」で、そのまま3行目に突入する予定だとか・・・。
マイカーローンや他のクレジット等の返比計算上も特に問題がないのですが結果は否決の回答。
計算上の若干ブレを考慮に入れても減額回答でないのであれば、もう講じる手立てはひとつしかありません。
しかし、「今度は提出せずに事前相談で・・・」と言う始末。
都市銀行や地方銀行に提出するぐらいですので、たとえゆうちょ銀行に事前相談をかけたところで結果は見えています。
「おそらく大丈夫だとおもいますよ・・・・」
そして、結果は
「申し訳ありません・・・・」

同じ不動産業者として恥ずかしい限りなのですが
もっと問題なのは、やる気の問題。
お客様いわく、「どうしてもこのローンを通したい!」という意欲が感じられない、と言うもの。
お客様は「どうしてもマイホームを手に入れたい」
と必死なのに、担当者からはその「やる気」が微塵も感じられない、というものでした。
われわれ不動産業者は住宅ローンのプロでなくてはいけません。
そのために、あの手、この手で住宅ローンを攻略するのですが、
大手の場合、コンプライアンスの問題上、裏技的な手法には踏み込めないケースもあります。
しかし、結果的に住宅ローンが通らなくても、その理由を明確にして説明してあげるぐらいのことは必要ではないでしょうか。
もちろん、住宅ローンの場合、否決の理由さえも金融機関は教えてくれないケースがほとんどです。
そして、否決の理由がわからなければ住宅ローンを通しようもありません。
技量がない、といえばそれまでなのですが・・・。
このような営業マンはまだまだ多いのでしょうか?
担当者を選べないお客様は本当にかわいそうです。

ブログランキングに参加しています。
「私もそう思う!」  と思った方はポッチと一押しお願いします。

     
スポンサーサイト

お役立ち情報集 Good 5

とっても役立つ
不動産関係情報満載! 
コチラをクリック

お役立ち情報はここから ↑

プロフィール

住宅ローン攻略マニュアル 筆者

Author:住宅ローン攻略マニュアル 筆者
金融機関と不動産に携わって20年
信用情報や住宅ローンの裏話や秘話をお伝えします。

筆者のベストセラー
「住宅ローン攻略マニュアル」も是非ご覧ください。

住宅ローンの必勝バイブル

このブログの筆者の著書

過去の記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。